« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.06.29

美味しいコーヒーが飲みたい

コーヒーミルとケトル昔から大のコーヒー好きで、勉強や仕事をしているときには欠かせない、自分にとっての必需品です。とはいえ、そんなに味とか豆とかにこだわっていたわけではなく、別にインスタントコーヒーでも何でもよかったりするんですけどね。

けど自宅で仕事をするようになり、コーヒーを周りに気兼ねなく入れられるようになったこともあり、引き出物でもらったコーヒーメーカーを使ったり、それでも物足りなくなり1人用のコーヒードリッパーを使うようになったりしました。そして先日、遂にコーヒーミルまで買うようにまでなってしまいました。

最近、はてブでも美味しいコーヒーの入れ方に関するエントリが人気になっていたりするので、初心者なりに自分流のコーヒーの入れ方について書いてみようと思います。

私が使っている道具は以下の通りです。気がついたらKalita製品ばっかり…

■コーヒードリッパー - Kalita 101-ロト ブラウン
ドリッパーを探していたときにお店で見かけて、色、形、素材、全てにおいて一目惚れで決めました。

■コーヒーミル - Kalita ドームミル
電動式と手動式で悩んだんですが、最初なので手動で楽しむのもいいかなと思い決めました。デザインもよかったし。ドーム式なので碾くとき粉が飛び散らないメリットがあります。が、ちょっと手入れが面倒ですね…

■コーヒーケトル - Kalita 細口コーヒーケトル 2L ブラウン
最初は普通のヤカンを使っていたのですが、ドリップの際にお湯の注ぎ加減の調整が難しかったので細口のコーヒーケトルを購入しました。いきなりドバッとお湯が出ることがないので、随分と楽になりましたね。

コーヒー豆ですが、今はスターバックスの豆を購入して使うことが多いです。何だかんだ言って一番無難で安心して飲める味だと思うので。個人的に結構どっしりした味が好きなのでスマトラとかゴールドコーストブレンドとかを買うことが多いかな。

あとは近所ということもあって、府中の南方郵便機で購入することもあります。お店で飲ませてもらえるサンプルがむっちゃ美味しいので気に入っているのですが、同じ豆を買っても家ではなかなか味が再現できないんですよねぇ… ただ、ここでペーパーフィルタ用に豆を碾いてもらう場合ちょっと粗めに碾かれるので、場合によっては細かめに碾いてもらうようお願いした方がいいかもしれません。

コーヒー豆の保存ですが、豆をこんな感じの密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しています。で、飲む分だけ(普段は1杯分)とって碾いて入れるということを繰り返しています。あとは湿気防止にシリカゲルとか除湿剤をストッカーの下に入れておくと更によいみたいですね。これは試してみます。

さてコーヒーの入れ方ですが、最初に見たのがToNeGaWaCoffeeさんのサイトだったのでここのやり方を一番参考にしています。まだまだ試行錯誤ですが。

コーヒーミル■豆を碾く
Kalitaのドームミルは一番下の調節ねじの締め具合で粒度が決定します。今は一番しめた状態から一回転戻したぐらいの加減で使っています。豆の量は、コーヒードリッパーに付いていたスプーンで1杯半ぐらい。碾くときはあまり速く回さず、ゆっくりと気持ちを落ち着けつつハンドルを回します。コーヒーでのリラックスタイムはここから始まっているので。

■お湯を沸かす
豆を挽き終わってからお湯を沸かし始めます。コーヒーの摩擦熱を落ち着かせてから、という思いがあったのですが、おまじない程度かも知れないです。

■コーヒードリッパー、カップを温める
沸騰したら、カップの上にドリッパーだけ乗せてお湯を注ぎます。カップやドリッパーが暖まったらお湯を捨てます。

■フィルタをセットし、コーヒーを入れる
フィルタの接着部(?)のところを折り、ドリッパーにセット。碾いたコーヒー粉をフィルタに入れます。入れた後、ドリッパーを揺すって表面をならし、軽く指で押します。

■お湯を少量入れ、蒸らす
中心部にお湯を少量注ぎます。真ん中が軽く膨らみ、中心から6,7割ぐらいのところが湿るぐらいまで。そのまま30秒ぐらい放置し、蒸らします。

コーヒードリップ■少しずつお湯を注ぐ
中心から「の」の字を2回ずつ書くように少しずつ注いでいきます。この時あまり大量のお湯を一気に入れないように注意。一番外側の土手を崩さないように、かつ中心部のふくらみを崩さないよう慎重にゆっくり入れていきます。2回「の」の字を書いたら注ぐのを中断。ふくらみが落ち着いたら再度注ぐ。を何度も繰り返していく感じで。
(実は写真の状態はあまり良くないんじゃないかなぁ、と思います。真ん中へこんでるし…)

入れ立てのコーヒー■必要な量がドリップできたら終了
注いだお湯が全部落ちる前にドリッパーを外します。あとは心を落ち着けて美味しくいただきます。

さて次は自家焙煎ですねぇ… COFFEE JUNKIESさんのサイトがとっても参考になりそうかな。臭いの問題が悩ましいけど、豆と焙煎用の網が用意できるならちょっとチャレンジしてみようかと。

AD:


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.06.25

[タイ]アジアの味@渋谷

グリーンカレー@アジアの味Apple Storeに買い物の用事があったので昼過ぎに渋谷へ。そのついでにアジアの味でランチ。何かそのまんまの名前のお店なのがちょっと滑稽ですが。

グリーンカレーのランチセット(985円)を注文。ランチセットは半チャーハン、スープ、サラダ、ドリンク、デザートの中から2品選択とのことで、ドリンク(アイスコーヒー)とデザートを選択。

グリーンカレーはなすや鶏肉などの具が結構大きめで、食べ応えがあっていい感じです。メニューで「辛い料理」という括りになっていたけど、辛さも適度で暑い時期にはいい塩梅のお味だったと思います。デザートのタピオカも辛さでピリピリしている口の中を沈めてくれる適度な甘さで○。

ただ… 店員さんの接客がイマイチだったなぁ。ここも多分現地の人なんだけど、メニューをいつまでも持ってこなかったり、それを笑ってごまかそうとしたりして。やっぱりタイの人と日本人と感覚が違うんだろうな。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.20

[ラーメン]横浜ラーメン 山賊@府中

横浜ラーメン 山賊@府中国分寺街道を北へ、農工大を過ぎ明星学苑の横あたり。東八道路との交差点のちょっと手前に「横浜ラーメン 山賊」という店が先月オープン。待望の横浜家系ラーメンのお店ということで行ってきました。

山賊ラーメン(750円)を注文。トッピングで海苔8枚、味玉、チャーシューが付いてくるんだけど、写真を見て分かるとおり、もの凄い海苔のボリューム。インパクトはあるけどちょっと食べづらいかなぁ…

けど味の方は非常にシンプルな家系ラーメン。麺固めを注文したわけではないけど、麺のもっちりとした食感が結構よくて、噛んでるっていう感覚を楽しめるいい塩梅。スープの方は強烈なしつこさはなく、シンプルな味わいで飽きが来ない。味玉は○だけどチャーシューはもう一息かなぁ。

駅から遠いので若干行きづらい場所ではあるけど、学校が近くにあるのでターゲットは学生なんだろうなぁ。けど府中の店の中では美味しい方だとは思うので、自転車で時々足を伸ばして通ってみようかと思う。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

[パスタ]ジェノワーズ(その2)

ツナのペンネアラビアータ@ジェノワーズ
ブルーベリーチーズケーキ@ジェノワーズ

ジェノワーズといえば府中を中心に展開するケーキ屋として有名ですが、カフェも併設しています。一人でも入りやすい雰囲気と価格設定が良心的なこともあって、最近はランチにパスタが食べたくなると時々利用しています。

日替わりランチのツナのペンネアラビアータ。サラダ、ドリンク付きで900円。これに+200円でハーフケーキとシャーベットが付きます。この日はブルーベリーチーズケーキ。

6/30はケーキ全品20%オフとのこと。東府中店では案内が出ていなかったから、もしかしたら府中店だけかな? 駅を出ると時々セールをやっているのを見かけるんだけど、あれって不定期なんですかねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.18

[カレー]ダウラギリ@多摩センター

チキンカレー@ダウラギリ最近、近所で昼食を済ませることが多かったのですが、たまには足を伸ばそうと思って車で多摩センター方面へ。尾根幹線近くのダウラギリ(DHULAGIRI)へ。実は20年ほど前までここのすぐ近所に住んでいたので、ちょっと懐かしかったり…

チキンカレーのAセット(780円)を注文。ちなみに「店のホームページを見た」と言うとマンゴージュースをサービスで付けてくれます。

で、まず驚くのがナンの大きさ。写真を見て分かるように、かなり大きいです。しかもナン、ライスはおかわり自由とのこと。値段を考えたらかなりコストパフォーマンスいいです。

カレーの味の方ですが、かなりマイルドで食べやすいです。辛口にしたのだけど、最初の口当たりが非常に優しく個人的にはかなり気に入りました。まあ油断していると後から辛さが口の中を襲ってくるのですが…

# サイトには『店名「ダバラギリ」』と書いてあるのですが、店の名刺は「ダウラギリ」になっているので、ここではそちらを店名としています。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.17

[ふぐ]ひょうたん@両国

ふぐさし@ひょうたんみるくまタソのmixi日記の書き込みをきっかけに、関係者約10名ほどで両国のひょうたんへふぐを食べに行ってきました。もう何年もふぐを口にしていないので、楽しみにしていました。

注文したのは「菊」コース。お通し、ふぐさし、ふぐのにこごり、ふぐの唐揚げ、ふぐちり、雑炊のセット。それと併せてふぐのひれ酒も、ちびちびやったりしてまさにふぐ三昧。ひれ酒の芳ばしい香りがたまらないっす。

個人的にはやっぱり一番シンプルなふぐ刺しがよかったかなぁ。あのコリッとした食感と、淡泊ながらもふぐの旨味をしっかり感じることができたので、なかなかよかったです。唐揚げ、ふぐちりももちろん美味しいんだけど、どうしても骨が食べづらいので、食べながらイーってなっちゃうのは致し方ないところ。

それにしても、店員さんのメイド風な服装は店長の趣味なんでしょうか… モテネーズ大喜びw

AD:

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.06.14

三浦ドライブ

三浦海岸方面へドライブ。油壺マリンパークペンギンで(*´Д`)ハァハァしてきました。平日で空いていたので十分堪能( ´∀`)

それはさておき、せっかく海の近くへ来たので色々と食べてきたのでその記録。

まぐろ寿司@咲乃家
づけ焼き@咲乃家
トロマン@咲乃家
昼前に三崎漁港近くへ到着したので、昼食を咲乃家でとることに。やはり三崎漁港といえばマグロでしょう、ということで鮪づくしせっと(3150円)を注文。平日の昼間ということもあってか、とても空いていてスムーズに注文も取り次いでもらえました。休日だと混んでなかなか大変みたいですが…

ネギトロからスタートして、づけ焼き、寿司5貫、鉄火巻き、トロマンと続く鮪づくし。インドマグロの中トロ寿司もよかったのですが、何よりづけ焼きが個人的には気に入りました。焼肉風に鉄板の上に乗せると香ばしい匂いが立ちこめ、ネギと一緒に口の中に放り込むとそのジューシーさと香ばしさがたまりません。あと最後のトロマンは普通の肉まんのようで、あまり魚臭さががなくてとても食べやすく美味しかったです。

BoNJoUR@葉山同行者がパンを買いたいとのことで、立ち寄ったのが葉山のBoNJoUR(ボンジュール)。最初、店の場所がよく分からなくてウロウロしたのですが諦めて戻ろうとしたときに偶然見つけることが出来ました。国道134号と県道207号の交差点のところです。

見た目で選んだパインと基本のメロンパン、そして美味しそうだったチーズバタールを購入。チーズバタールが中に入ったたっぷりのチーズとちょっと固めのパン生地と相性よく、朝食で食べたらすごく美味しかったです。

アジフライ定食@あさ彦油壺マリンパークの帰り道、ちょっと早めの夕食をあさ彦でとることに。ちょうど旬の鯵が美味しそうだったのでアジフライ定食を注文。面白いのは、アジフライを大根おろしとわさびを合わせたおろしわさびと一緒に醤油で食べるとのこと。これが断然旨い!! 普段通りのソースも試したけど、絶対おろしわさび+醤油の方が美味しいです。大根おろしとわさびの清涼感のおかげで、フライの油っぽさが打ち消されてくどくならず食べられます。

自家製アンチョビ@あさ彦そして、付け合わせで頼んだ自家製アンチョビが絶品!! いわしの旨味が凝縮されていて、かつ適度な塩加減と相まって酒の肴としては最高でしょうな。ドライバーだったので、お酒は飲めませんでしたが… リンク先で通販も出来るみたい? 欲しい。

今回のドライブ写真のまとめはflickrにうpしてますので、興味のある方はどうぞ。ペンギンも大盛りですw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

佐賀へ

法事のため、6/9~11の3日間、佐賀へ行ってました。その間食べたものの記録です。

魚介類の地中海ピラフ@ル・シエール出発前、羽田空港第1ターミナルのル・シエールで昼食。実はここと隣の新大和アメックス特典で、一部のメニューをタダでいただくことが出来るんです( ´∀`) 実は特典に気付いたのがつい最近だったりするのですが…

で、その特別メニューの魚介類の地中海ピラフをいただくことに。無料で食べられるのなら、十分すぎるぐらいのクォリティです。満足。

寿司
光雲天竺
3日間、居候させていただく親戚の家で振る舞われたお寿司。地元独自な特別な魚はなさそうだったけど、それでもボリュームあって満足でした。お酒は、地元光武酒造の光雲天竺で。ただ、九州でも佐賀の方は米どころということもあってか、焼酎よりは日本酒の方がよく飲まれるとのこと。ふーん。

ちゃんぽん@割烹中央2日目は、本来の目的の祖父の一周忌。恙なく終了。で、夕飯でチャンポンを食べようということになり、一周忌の会場でお世話になった割烹中央でチャンポンの出前をお願いする。鹿島という土地は、福岡より長崎の方が近いので、ラーメンよりチャンポンの方が馴染み深いような気がする。けど割烹料理の店でチャンポンの出前をしてくれるっていうのも何か凄い…

味の方は若干豚骨臭が気になるけど、クリーミーで野菜の甘さが出ていて美味しい。そういえば一周忌の帰り、厨房の前を通ったときに豚骨臭がしていたのを思い出した。ある意味九州の味らしくて、それがいいのかも。

赤丸新味@博多一風堂最終日。親戚と博多で待ち合わせをしてラーメンを食べに。東京でも支店は随分と増えたけど一風堂へ行くことに。以前、都内のとある支店の一風堂で食べたとき、スープがもの凄く臭くてあまり美味しくなかった事があったんだけど、やはり地元のお店は味が安定していて安心できますな。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.08

メガてりやき

メガてりやきメガマックの時は出遅れたけど、今回は発売日にありつけました。

メガマックとは違って肉が2枚なので、食べやすさはマシな方かな。けどそれって「メガ」じゃなくてビッグてりやきマックじゃないのか? しかし、ソースのべとべとはやはり天敵…

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.05

[スヰーツ]さかもと和菓子店@東府中

母と叔母が、さかもと和菓子店の苺餅を手土産に部屋へ遊びに来た。

苺餅@さかもと和菓子店さかもと和菓子店の苺餅は、よくある苺大福と比べるとちょっと小振り。苺を求肥で刳るんであって、求肥のもちもち感と苺の酸味との相性が抜群によいです。

苺餅@さかもと和菓子店大きさも一口サイズで食べやすく、ちょっとしたお茶請けにはよさそうです。店はうちのすぐご近所なので、時々足を運んでしまうかも…

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.04

B-1グランプリ

静岡県富士宮市で開催されているB-1グランプリへ行ってきました。実は先月にも焼きそばを食べに、富士宮市まで来ていたりするんですがw どんだけ富士宮好きなんだ、というぐらいのペースです。

東名高速は空いていて順調。富士ICまでノンストップで走り抜けることが出来、約1時間で到着。こりゃゆっくり回れるかなぁと思ったのですが…

会場の浅間大社周辺で車が大渋滞。会場周辺は駐車場ないし、案内もないし、やっと見つけた駐車場案内には「市内駐車場全部満車」とか書かれているし…ぉぃぉぃ。

結局会場から1.5kmぐらい離れたところに見つけたスーパーマーケットの駐車場を借りることにして(後でちゃんと買い物しました)、歩いて会場まで向かうことに。この時点で萎えモード。

で、会場に着いたら、これがまた凄い人混み。各店の行列の最後尾にプラカードを持っている人がいて整列させていたんだけど、どこが先頭かさっぱり分からず、どのくらい並ぶのか全く見当が付かない…ぉぃぉぃ B-1スレを見てみたら2時間待ちの行列もあったとか。

厚木シロコロ・ホルモン@B-1グランプリ取りあえず目の前で並んでいた厚木シロコロ・ホルモンの行列へ。思っていたよりは列が流れてくれたので20分程度でありつくことは出来ました。テントの目の前で金網に乗せられた白モツをガンガン焼いていて、期待が膨らみます。

厚木シロコロ・ホルモン@B-1グランプリで、やっとありつけたホルモン焼きですが… 目の前の焼きたてを期待していたので、皿に乗せられて冷え切ったホルモンを口にしたとき、かなりがっかりしました。味自体は美味しかったんだけどね。待たされた結果がこれか… と思い、撤収を決意。

同じ会場の隣のエリアでやっていたF-1グランプリ(Fは富士宮のF)では地元のお店がいくつか出店していました。富士宮焼きそばパンとかも売ってました。

取りあえず思った問題点。次回は久留米だそうですが、是非今回の教訓を生かして欲しいですな。

  • 駐車場の案内が少なすぎ。どこにあるのかがさっぱり分からないし、また空きも全然ない。車での来場者数の見積もりが甘すぎたんじゃないか。
  • 会場が狭すぎ。10万人の来場を最初から予測していたのであれば、もうすこしキャパの大きな会場を用意するとか出来たのではないか。

しかし、それにしても日本人は食に関するイベントが好きなんだなぁ、改めて思ったのでした。B級グルメとはいえ、これだけの人を集めるのだから… と、考えていたらふとあるテンプレを思い出しました。

646 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2006/11/17(金) 19:49:22 ID:YeJVu8x50
日本 「すまん。トイレ逝ってくる」
米露韓中北「いってらー」

中国  「(ヒソヒソ)日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国  「独島を占拠しても怒らない」
ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」

米露韓中北  「一体どうすれば…(途方にくれる)」

中・韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北・露  「ふーむ…」

米国   「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、日本国民が激怒したな‥」
露韓中北 「それは、おまい怒るよ」

中国「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」
韓国「生ゴミ餃子も怒った」
米国「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」

ロシア「あいつ、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」

米韓中北 「あ!」

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.06.01

ペプシ アイスキューカンバー

ペプシ アイスキューカンバー6/12にサントリーから発売になる、最近話題のキュウリ味のペプシ、アイスキューカンバーを、先日とある仕事のつてで一本いただいちゃいました。

ボトルのふたを開けてまず臭いをかいでみると非常に清涼感のある香りがします。あまり甘ったるい臭いは強くないですし、キュウリの青臭さもないです。味の方もキュウリっぽさはあまりなく、印象としてはメロンシロップのかき氷のような味を感じました。甘さもそんなにどぎつくなく、夏飲むにはいいかも知れないですね。飲んだ後、ゲップをしたら多少青臭さが帰ってきましたがw

ペプシ アイスキューカンバー焼酎割りふと、韓国料理屋とかで焼酎水割りにキュウリを入れる飲み方があるよなぁ、ということを思い出し、真っ昼間でしたが思い立ち試してみることに。あいにく家に甲類焼酎がなかったので、芋焼酎で代用してみることに。

………やるんじゃなかったorz

芋の臭いとぶつかり合って、大変なことになってしまいます。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »