« June 2007 | Main | August 2007 »

2007.07.24

[喫茶]菩提樹@府中

菩提樹@府中フリーランスになってからは、ほとんど家で仕事をしています。しかし家にいるとネットやゲームなど色々と誘惑があったりしてなかなか仕事に集中できないことが悩みだったりします。そうすると、近所のカフェやマックとかにノートPCを持って行き、そこで作業をすることが多いです。気分転換にもなるし、ある程度は誘惑を断ち切ることが出来るので大抵は家よりは捗ることが多いです。

で、以前から気になっていた菩提樹にも作業用のノートPCをかついで行ってみました。東京競馬場の西側、本覚山妙光院の横にひっそりと佇んでいるお店です。

店に入ってすぐ気付いたのは、窓から見える竹林の風景。竹の間から木漏れ日が差し込み、とても風情のある景色で気持ちがとても落ち着きます。

菩提樹@府中自家製のレアチーズケーキとコーヒーを注文。このレアチーズケーキがなかなか美味しくて、ゆっくり食べながら作業をしようと思っていたのにあっという間に平らげてしまいました… いみねー。

雰囲気がよく、落ち着いて作業できそうだなぁと思っていたのですが… 近所のオバチャン達のたまり場になっているらしく、結構騒がしかったのが難点…

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.21

[酒]Jaco/Hen@府中

Jaco/Hen@府中ビアハウス・ケンを後にして、軽く夕食を取りながらもう少し飲み直そうということになり、国際通りにあるJaco/Henへ行くことに。

店内の雰囲気は明るめで、よくあるダイニングバーと本格的なバーとの中間的な位置づけっぽい感じ。あまり府中にはなかった感じのお店ですな。どことなく60-70年代を感じさせる店内のイメージだったのだけど、それは店名のJaco/Henというのがジャコ・パストリアスジミ・ヘンドリックスから取ったという話を聞いて、なるほどと思ったのでした。店内のBGM,BGVもそれっぽい感じで、ゆったりと飲むのにはいい雰囲気です。

料理の方もシンプルながらも結構美味。写真が上手く撮れていなかったのが残念ですが…


| | Comments (0) | TrackBack (0)

[ビール]BEER HOUSE KEN@府中

シメイ・トリプル@ビアハウス・ケン大國魂神社すもも祭りは7月20日の一日だけで終わってしまうのですが、神社の東隣にあるビアハウス・ケンでは20日から22日までの3日間、生ビールの試飲会をやっているのです。というわけで祭りの次の日、早速覗いてみました。

この日の試飲はシメイ・トリプル。生のシメイは初めてだったけど、やっぱり美味いっす~。

セリス・ホワイト@ビアハウス・ケン追加で何かホワイトビールを飲みたいとお店の人に言って紹介してもらったのが、セリス・ホワイト。買ったのは生ではなくて瓶ですが。ヒューガルデン・ホワイトの醸造に携わっていたピエール・セリスが作っているホワイトビール(厳密には買収などが絡んでいて違うんでしょうが)なんですが、これがヒューガルデンより酸味が心地よく柑橘類のような香りと風味が感じられ、とても素晴らしいビールでした。

ここのお店、府中にいくつかあるバーはもちろん、あちこちのお店に輸入ビールを卸しているらしく、結構有名らしいですね。3年ほど前に書いた蔵くら@下北沢もそうですし。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.20

すもも祭り

すもも祭り大國魂神社では毎年7月20日にすもも祭りが斎行されます。

夏の風物詩として、近郷近在の人々より親しまれている『すもも祭』は毎年7月20日に斎行されます。その起源は源頼義・義家父子が、奥州安倍氏平定(前9 年の役)途中、大國魂神社に戦勝祈願をし、戦に勝ち凱旋の帰途、戦勝御礼詣りのためこの祭が起こりました。その祭神饌の一つとして李子(すもも)を供え、境内にすもも市がたつようになったのが、この祭りのの名前の由来です。

今まではなかなか見に行く機会がなかったのだけど、仕事の手を休めて夕方頃ふらっと出かけてみました。

すもも烏団扇を購入したあと、境内に露天と一緒に並んでいるすもも市を眺めていて、ふと購入意欲がわいたので1kgほど購入。実はスーパーや他のお店で買った方が安いということにあとから気付いたんだけどね…

プラム酒3分の1ほどは家で余っていたちょっと古めのカティサークで、残りはホワイトリカーでプラム酒をつけてみました。大体3ヶ月ほどで熟成するとのこと。秋に飲めるのが楽しみ~。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.15

American 8th aniversary

American

早いもので、American@府中も8周年を迎えました。というわけで、毎年恒例の周年記念パーティに参加してきました。なにしろ、4000円で何でも飲み放題なのはお得すぎ。

Singleton 1977今年の一番のメインはSingletonの1977。先日、ディアジオが極東向けにGlenOrd、ヨーロッパ向けにDufftown、アメリカ向けにGlenDullanの3種類のシングルトンを発売しましたが、もちろんそれ以前のシングルトンといえばAuchroiskというわけで、当然これもそうです。一口含むととにかく芳醇さが口の中に広がり、さすがの年数を感じさせる重厚感ある味わいでした。

それ以外に飲んだのは以下の通り。Fine Famous GrouseとGlenfarclassは現行のではなく、以前のものです(年は失念)。個人的にはイチローズモルト15年が結構お気に入りでした。

  • Rosebank Connoisseurs choice 1991
  • Ichiro's Malt 15y
  • Ichiro's Malt Single Cask
  • Port Ellen Connoisseurs choice 1982(?)
  • Fine Famous Grouse 15y
  • Glenfarclass 12y

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.14

銚子港で岩牡蠣を食べ隊 2007

生牡蠣@銚子ここ数年、今の時期になると毎年銚子へ岩牡蠣を食べに行っています。ここのBlogでは2004年に行ったときのエントリがありますね。

というわけで今年も行ってきました。台風4号が近づいていて、雨が降っているのが気がかりでしたが…

まずは銚子漁港直販所へ。ここはその場で牡蠣を剥いて食べさせてくれるのが魅力です。ただ、今年は結構牡蠣が高めでした… 以前は5個1000円ぐらいだったのですが、1個350~500円と2倍近い価格設定になっていました。

取りあえず最初は見送り、ウォッセ21へ行ってみることに。この中にも牡蠣を剥いてその場で食べさせてくれるお店がありました …が、ここも以前とは様変わりしてしまい、以前はその場で剥いてくれたのですが今は持ち帰りのみになってしまったようです。値段は以前と変わらないぐらいなのですが…

というわけで諦めて、銚子漁港直販所へ戻り、1個350円の牡蠣をいただくことに。高いなぁと思いつつ、やっぱりうまいんですよ、これが…

しかし、安く手軽にその場で美味しい牡蠣が食べられるというメリットが、以前と比べて薄らいでしまったのは事実。もし可能であれば、マイナスドライバーと軍手を持ち込んで、ウォッセ21などで売っているお得感のある牡蠣を買い込み、自分で剥いて食べるのが今となっては一番お得なのかも知れません。

新鮮丼@久六さて、牡蠣1個だけでは空腹は満たされないので、銚子港横にある海鮮旬鮮 久六でランチ。新鮮丼(1580円)を注文。ひらめ、きんめ鯛、まぐろ、紋甲いかの刺身の乗った盛りだくさん丼なんですが、これが本当に絶品!! 特にきんめ鯛の刺身は脂が乗っていて歯ごたえもあり、これだけでも今回銚子に来た甲斐があったと思えるぐらい、美味しかったです。店員のオバチャンもとても丁寧で気遣いのある方で、非常に好感が持てるお店でした。秋のサンマメニューもよさそうなので、また銚子に来たときは絶対に立ち寄ろうと思います。

銚子電鉄@犬吠駅で、銚子といえばちょっと前に銚子電鉄が再建のために、「ぬれ煎餅」を買ってくださいとお願いしていたのが話題になっていました。で、折角なのでその銚子電鉄を見に行ってみようと思い、犬吠駅へ向かいました。

駅舎に入ってみると… もの凄い人だかり!! おみやげ屋には観光客とおぼしき人達が群がり、ぬれ煎餅をはじめ色々なお土産を買いあさっています。ほどなく、銚子電鉄が駅に到着し、結構な数の乗降客が視界に入ってきました。一時のブームで終わってしまう可能性は否定できないけど、それでもこれだけの賑わいを取り戻すことが出来たのだから、今回の一件は大成功だったのかも知れません。

ぬれカステラ@銚子私もお土産でぬれ煎餅とぬれカステラを買って帰りました。ぬれ煎餅は騒がれ始めた当時、東京駅で買ったことがあるのですがw

ぬれカステラですが、思っていた以上に美味しいです!! 洋酒が入っているので、お酒が苦手な人には不向きかも知れないけど、名前の通りしっとりとした食感で、洋酒の甘い風味が合わさって、ティータイムに紅茶と合わせて食べるのにはいいかもしれないです。おすすめ。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.10

[魚]宇和島@渋谷

鯛めし定食@宇和島打ち合わせの前に、渋谷の宇和島でランチ。そういえば渋谷であまり和食のランチって食べたことないような…

鯛めし定食(1000円)を注文。肝心の鯛の写真が白飛び気味なのが残念ですが… 皿に盛られた鯛と海草類を丼にのせ、卵を混ぜたちょっと甘めのタレをかけて食べるのですが、鯛の切り身とタレとの相性はなかなかよく、あっという間に平らげてしまいました。値段を考えると、もう少し鯛が多いと嬉しいけど土地柄仕方ないかな。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.07

[韓]おもに@東府中

海鮮チヂミ@おもに以前から勧められて行ってみたいと思っていた韓国料理屋「おもに」へようやく行くことが出来ました。東府中駅の北側、平和通りを航空自衛隊基地方面へ進み、府中ダービーとか赤い靴のあるぁゃιぃ一角wの裏側にこぢんまりとあります。

この日は一日中食べ続けていたこともあり、あまり空腹感はなかったので、抑えめにしていたはずなんですが、とにかくチヂミとトッポギが美味しくて箸が進んでしまいました。

最近チヂミ自体は日本でもあちこちで食べられるようになったけど、ここのチヂミは今まで食べたことのあるチヂミとは全然違って、サクッとした食感があり全然違う美味しさがありました。これはお勧め。

抑えめにしていたとはいえ、他にもキムチとか塩辛とか頼んだし、マッコリも1本注文したりしたのですが、それでも1人1000円ちょっとで済んでしまい、このリーズナブルっぷりも非常に魅力的。なかなか使える店が少ない東府中界隈ではありますが、ここはお薦めできますね。店が狭いのであまり大人数では入れませんが。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

[ラーメン]麺家 大国@南多摩

とんこつしょうゆらーめん@大国是政橋を稲城方面へ渡り、すぐ右手にある麺家 大国へ。店の周りに工場が多いせいか、作業服を着た客が非常に多いのは印象的。

とんこつしょうゆらーめん(600円)を注文。スープは結構油分が多く、結構しっかりとした味。けど嫌なギトギト感や豚骨臭はなく、意外とあっさりと食べられます。

特徴的なのは岩海苔。これが結構いいアクセントになっている気がします。個人的には○。チャーシューも薄めではあるんだけど、味付けは結構よくて好きな方かも。

ちょっと店の場所が奥まったところで、気付きにくい所にあるので素通りしがちだけど、駐車場もあるし、距離的にもうちからさほど遠くないので時々足を運んでみようと思えるお店でした。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.04

[韓]とん豚テジ@新宿

以前勤務していた会社の人達と会うことに。とん豚テジという韓国風焼肉のお店で、テレビとかでお馴染みのあのホストクラブ愛本店のすぐ近くですw(帰りに店の前を通るまで、愛の場所知りませんでした…)

カンナ三段バラ@とん豚テジここの焼肉の面白いところは、鉄板(石板?)が斜めに傾いているところ。下側にキムチを引き詰めておき、上側で肉を焼き、肉汁や脂分が下に流れてキムチと混ざり合って楽しめるという仕組み。ジンギスカンが、流れ出た肉の脂で野菜を揚げるように食べるために、ああいう鍋の形になっているのと原理は同じなのかな。

カンナ三段バラ@とん豚テジここでのお薦めはカンナ三段バラ。カンナで削ったような薄いバラ肉を、タレにくぐらせて焼き、それを一緒に焼いたレタスなどの野菜にくるんで食べる。特に行者ニンニクの葉と一緒に食べると最高で、ジューシーで甘みのある肉との相性は抜群でした。

マッコリを飲みながら、かなりいいペースで肉を平らげました。満足。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (1)

[カレー]コートロッジ@新宿

カレーとゴダンバ@コートロッジ仕事のついでで、以前から気になっていたスリランカ料理屋のコートロッジで昼食。

Aセット(800円)を注文。マトンカレーとパリプカレーという豆のカレーの2種。そしてサラダとゴダンバのセット。ゴダンバはスリランカ風のナンとでも言えばいいのかな? 大きさはナンよりトルティーヤに近い感じで、食感はナンよりももっちりしていて個人的にはかなり好きな味。カレーは、さほど辛さが強くなくさらっとしていて、食べやすかったです。若干物足りなさもありますが…

ミルクティー@コートロッジスリランカということで、締めはミルクティーで。

AD:


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.07.01

[ラーメン]八芳亭@多磨霊園

府中市内でも、行動範囲外であまりよく知らない場所が実は結構あります。多磨霊園駅周辺もその一つで、京王線の車窓から見える範囲が全てで、実はどういう店があるのか全く知らなかったりします。

とはいえ自転車ですぐ行ける距離だったりするので、たまにはということで足を伸ばしてみました。多磨霊園駅北側で九中通りを真っ直ぐ進んで甲州街道交差点の少し手前にある八芳亭です。

チャーシューメン@八芳亭店内に入ると、ちょっときつめの豚骨臭。ずっしりくるラーメンを所望していたので期待が高まります。チャーシューメン(850円)に味玉を付けて注文。出てきたラーメンには背脂がたっぷり入って、かなり濃厚な感じに見えます。

しかし、一口食べてみると思っていたほどギトギト感はなく、むしろあっさりしてる。ちょっと肩すかし気味だったけど、味は悪くないかな。濃いめの味を期待しているのであれば、トッピングのにんにくで調整するとちょうどいいか。個人的には黄色がかった卵麺が食感もあってなかなかよかったです。

葉ニンニクの入った「八芳スペシャル」というメニューがあるみたいなんだけど、食券の販売機で見あたらなかったのか見逃したのか分からないけど、今回は食べ逃したので、次回はこれにチャレンジしてみよう。

AD:

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »