« ニュージーランドを歩いてきました!!(8日目:Waiheki islandのワイン) | Main | [うどん]根の津@根津 »

2008.01.29

ニュージーランドを歩いてきました!!(9日目:帰国、総括)

いよいよ最終日。飛行機の出発時刻が朝9:15と早いため、それから逆算して朝5時に起きる。前日にFoodtownで買っておいたパンをほおばり、荷物をまとめ、6時ちょっと前にチェックアウト。

マラドーナ似のフロント相手にチェックアウト手続き。ケータイが故障したためホテルから一度実家へ電話をしたので、その分の電話代を支払う。さあいよいよ出発!!

…と思ったら、ホテルのドアが開かない。何事かと思ってフロントに戻ったところ、何かよく分からないことを言い出してる。やっぱり聞き取ることが出来なかったので、???と思っていたら、料金の紙を提示してきた。

よく見ると、前もって払った金額から20ドルほど足りないので、その分を支払えといっているらしい。…おいおい、最初のチェックアウトの手続き時に言ってくれよ、と思いつつ手続きを済ます。うーん、なんか感じ悪い。最後の最後でケチがついてしまった感じがする。

さて、ホテルの横のFort Streetを少し入ったところにAir Busのバス停があるとのこと。20分おきに来るらしいのでベンチで待つことに。

この通りはちょっと薄暗い感じがしてあまり雰囲気はよくない。あまり長居したくないなぁと思いつつベンチで待っていると、案の定酔っぱらいのオッサンが話しかけてきた。面倒くさいなぁと思っていたが、何を言っているのか分からないので聞き流すことが出来たのはよかったか。

15分ほど待っていると何故か反対車線にAir Busが到着。あわてて止めてもらい、酔っぱらいから逃げるように乗り込む。

オークランド空港には7時頃到着。オークランドには国内線と国際線の空港が分かれていて、最初に国内線の空港へAir Busは到着するので間違えて降りないように注意。

空港で搭乗手続きを済ませ、出国税を支払い、残っていたニュージーランドドルを円に換金。さあいよいよ帰国。

飛行機の中ではほとんど爆睡。行きの便は結構混んでいたが、帰りの便はガラガラで、3列席全部空いていたのでゆったりと帰ることが出来ましたよ。

…ただ、非常に腹立たしいことが一つ。前の席に一人で座っていた大学生風の若造。リクライニングしていたので席の間から前が見えたので気づいたのだが、こいつ飛行機の中でケータイをいじってやがる!! さすがにそれはまずいだろうと思い、注意することに。

漏れ「ちょっと、飛行機の中でケータイの電源は切ってもらえませんか?」
若造「え、飛行機の中だったら『電波届かないんだからいいんじゃないですか』

…ゆとり世代って本当に頭が弱くて怖いとこの日初めて思った。いやいや、そうじゃないからと説明して、渋々ケータイの電源を落としたゆとり君。何か最終日になって変なことが随分とあるもんだ。

11時間半のフライトで、成田に到着したのは16時過ぎ。ちょっと小雨が降っていてやっぱり寒い。コートはトランクではなく、あらかじめ手荷物に出していたのですぐ着込む。税関チェックのあとトランクを手荷物配送に任せて、リムジンバスで帰ることに。電車で乗り換えながら帰るのはさすがに面倒だったので… ちょうど調布行きのバスが出発間際だったので、これに乗って帰宅。

というわけで、9日間の旅はこれにて終了。さて、この旅行で思ったことのまとめ。

  • 英語ヒアリングをどうにかしないと…
    …いや、毎回海外旅行へ行くたびに思うのだけど、今回は特にそれを実感しましたな。この話を他の人にすると「ニュージーランド訛りがすごいんでしょ?」って言われるけど、そうではなくて、訛っているのかどうかすら分からない、っていうレベルの話。レンタカーの手続きの時とか、ちゃんと言っていることを理解しないとこっちが不利になるような状況とかも今回あったので、そろそろ「どうにかなる」では済まされないなぁ、と思ったのでした。
  • 南島と北島は気候が全然違う
    出発前、南半球だからニュージーランドは夏で暖かいに違いないと思いこんでいたけど、いざ南島へ着いてみると思いの外寒かった。ところが北島に行くと夏真っ盛り。まあ縦に長い国ではあるので差があるのは仕方ないとは思うけど、同じ国の中でここまで気候の差があるのか… と思いましたな。この時期でも防寒着は必須!!
  • 動物の死体の山
    今回レンタカーを借りて移動していて、一番ショッキングだったのが、道路に動物の死骸があちこちに転がっていたこと。車で移動していた5日間だけでおそらく100匹以上は見たんじゃないかな。2ちゃんねるのニュージーランドスレで「ポッサムとウサギは車でひけ」とか書いてあったのを見て何じゃそりゃって思っていたけど、実際に目の当たりにすると、なるほど… って思ってしまう自分が嫌だったw 動物との共存はなかなか一筋縄ではいかないのですねぇ。
  • ペンギンまみれ
    まあ一番の目的だった野生のペンギンに会いに行くことが叶ってよかったかな。ペンギンというと南極をイメージする人が多いだろうけど、実はニュージーランドにも野生のペンギンが多くいて、今回訪れたオマルやダニーデン以外にも生息しているところはあったりするのです。5ドル紙幣にもペンギンが描かれたりするし、実はとても身近な存在なんですよねぇ。
  • 食べ物は期待以上
    今回の旅行は食に関して全く期待していなかったけど、いやいやどうして、思いの外美味しいものが多かったですな。やっぱり羊が人間以上にいる国だけあって、ラムはもちろん美味しかった。お酒もビール、ワイン、ウイスキーと揃っているし、若干物価が高めなのを我慢すれば十分グルメ旅を堪能できそうな気がします。
  • アジア圏の人大杉
    やはり住みやすい風土ということもあるのか、アジア圏の人たちを非常に多く見ましたな。日本人も多かったけど、それ以上に韓国人、中国人が非常に多かった。特にオークランド近郊は中国料理、韓国料理の店も多かったし、ネットカフェはみんな韓国人の店だったし(まあネットカフェの存在は助かったけど)。ニュージーランドは治安がいいという話を聞いていて、実際今回怖い思いはしなかったけど、韓国人、中国人の増加で治安が悪くなってきているという噂も耳にしましたな。

あと、ニュージーランドの人たちはとても親切。とても親身になって話しかけてくれるし、英語が得意でないこちらの話も一生懸命聞こうとしてくれるのはとても嬉しかったな。気候とか住みやすさもあるけど、こういった人の良さもニュージーランドの人気の高さの理由なのかもしれないな。

是非また機会があれば、ニュージーランドへ行ってみたいですな。

ニュージーランド5ドル紙幣

AD:

|

« ニュージーランドを歩いてきました!!(8日目:Waiheki islandのワイン) | Main | [うどん]根の津@根津 »

旅行・地域」カテゴリの記事

@New Zealand」カテゴリの記事

Comments

http://blogs.yahoo.co.jp/seki115000
ダニーデンでブログを散歩しています・

ニュージーランドのペンギンの本「インカの冒険」のおすすめです。文芸社から日本語版がでています。森のペンギン インカ

Posted by: インカの冒険  | 2008.04.19 20:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニュージーランドを歩いてきました!!(9日目:帰国、総括):

« ニュージーランドを歩いてきました!!(8日目:Waiheki islandのワイン) | Main | [うどん]根の津@根津 »